風俗にはどのような種類があるの?

風俗で働く上でまず考えておきたいのは、勤務場所です。 例えばヘルスの中でも店舗型ヘルス、ホテヘル、デリヘルの三つではそれぞれサービス内容は同じですが、勤務場所が異なります。 まずは、勤務場所それぞれにどのような違いがあるのかを頭に入れておきましょう。

自分の生活に合わせて時間帯を選ぶ!

風俗店で働く方は年齢も本職などもバラバラです。 昼は学校や会社に通っていたり、主婦をしているなど様々ですから、自分に合った時間帯のお店で働く必要があります。 だからこそ、お店で働く時間帯、時間の融通の利き方、シフトの入れ方などを確認していきましょう。

風俗店を選ぶうえでの注意点

風俗店で働くということはそれなりのリスクを負うことになります。 お客さんに不用意なサービスを強要されるなどのトラブル、悪質店に勤務してしまうことや周りの人に自分が風俗店に勤務していることを知られてしまうなどです。 そのようなリスクを理解したうえであらかじめ対策をとっていきましょう。

自分に合った勤務場所を選ぼう

一口に風俗といっても、実際はその中で様々な種類があります。
ここでは、それらの内容とそれぞれの違いについて大まかに紹介したいと思います。
まず、一番店舗数が多くメジャーとされているのがヘルスです。
ヘルスとは、本番なしで様々なサービスを行う風俗店のことを指します。
そして、その中でもサービスを行う場所によっていくつかの分類がなされます。
基本的には店舗の中で行う店舗型ヘルス、ホテルで行うホテヘル、指定された個室で行うデリバリーヘルスつまりデリヘルの三つに分けられます。
ソープランドに比べて、本番行為がなくサービスについて厳しい規定がないため仕事内容は比較的簡単です。
そのため、風俗店で働く方の多くはヘルスで働いていますし採用もされやすいです。
ただし、店によってどのようなサービスを提供するかが大きく変わっていますから見極めることが重要です。
逆に、本番行為を行うのがソープランドです。
ソープランドはヘルスに比べて仕事内容がきついため給料が高い傾向にあります。
仕事内容を具体的に言うならば、本番行為に加えマットプレイといったプレイの技術を磨かなければならないという点でしょう。
また、フェラを専門にサービスを行うピンサロという風俗店もあります。
それぞれ提供するサービスが大きく異なりますから、自分に合ったサービスを行える風俗店を選ぶことが重要ですね。
勤務場所や時間帯、注意点に関しては他のページで詳しく解説してあるのでチェックしてみてください。


TOP