風俗にはどのような種類があるの?

最も多くの場所で働くのはデリヘル

まず、勤務場所の種類が最も多いのはデリヘルです。
名前の通りデリバリーですから様々なところに派遣されるわけです。
ラブホテルやシティホテルならきちんと管理され掃除が行き届いていますから問題はありません。
しかし、自宅に呼ばれる場合は客層によっては注意が必要です。
つまり、高級デリヘル店なら経済的に豊かな方の家に呼ばれるわけですから、そのような方は自宅がきれいになっていることが多いです。
しかし、大衆向けデリヘルだと不衛生な自宅に呼び出されることもあります。
それに他人の目がない自宅では危険なトラブルに巻き込まれることも多いです。
だからこそ、デリヘルに勤務する際は勤務場所を十分にチェックしてからにしましょう。
場合によっては、自宅への派遣をしないという選択肢をとれるお店もありますから。

店舗型のコースは短め

一方で、店舗型のヘルスでの勤務は一回あたりのコースが短いのが特徴です。
デリヘルだとどうしても、どこかに派遣されるわけですから一回当たりの勤務時間が長くなりがちです。
それに、場所の移動をしなければなりませんし次の時間まで漫画喫茶や事務所で待機しなければなりません。
もちろん、待機にかかるお金は会社が出してくれますがそのような行為が面倒だと思う方は店舗型ヘルスに勤務した方がよいでしょう。
また、ヘルスの他に移動がほぼない風俗にソープランドやピンサロがあります。
基本的に地理的な面でそれらに違いはありませんので、もし移動のないお店で働こうと思うなら他の条件と照らし合わせて勤務地を選んでいった方がよいでしょう。



TOP